貴重な資料です(続編)安全運転を心がけましょう

最終更新日2006/09/14
8月のニュースの続編(完結編)です。
前回資料をご提供くださったAさん(仮名)が、通知にしたがい先日出頭し、処分が確定したということで、ご報告です。
結論から先にお伝えしますと、運転免許停止180日という処分で、講習受講により80日の短縮、実停止期間は100日、となったそうです。

出頭当日のお話をAさん(仮名)に聞きました。
指定の時刻、朝8時半に現地に行ったところ、かなりたくさんの人(40人くらい)が待っていて、1人ずつ事情聴取室に呼ばれたそうです。
中では事実かどうかの確認と弁明があるかどうかを聞かれます。
その後、全員同じ時刻に召集され、そこで書類が配られます。その書類に処分内容が書いてある・・ということなのですが・・
なんとこのときAさん(仮名)1人だけこの書類が渡されなかったそうです!
Aさんは、「ああ自分だけ免許取り消しなんだ」と覚悟したそうですが・・・

配り終えた係の方は「では免許取り消しの方はこれで解散です」と言ったそうです。
ということは?Aさん(仮名)以外は全員取り消し、ということです。
その1週間後、Aさん(仮名)は交通安全学校で2日間の講習を受け、試験を受け、停止期間も80日の軽減となったということです。

Aさん(仮名)は、出頭の際特に弁明はしなかったそうですが、その日までの間にかなり反省する時間があったということなので、それが公安の方に伝わったのかもしれません。
が、やはり違反に対する処分は相当に厳しいですね。
違反をしないことが一番ですので、お互い気を付け合って安全運転を心がけていきましょう。